香典返し挨拶状の文例

香典返し挨拶状文例・定型文

香典返し挨拶状無料作成 香典返しのし無料 送料無料

新規会員登録無料 香典帳整理サービス 喪中はがき無料作成 最短3日で発送 複数配送先へ送る 選べる決済方法


香典返し 挨拶状 奉書

香典返し専門店おこころざし.comでは「無料特典」として、香典返しの挨拶状を当店で
すべて作成をしております。奉書(巻紙)の形とカード型をご用意し、

1)「定型文」 (ていけいぶん)
2) 定型文名入れ
3) 仏式挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
3) 仏式挨拶状戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状 戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
5) キリスト教式挨拶状 五十日祭 
6) 神式挨拶状 五十日祭 
7) 神式(天理教式)挨拶状 五十日祭 

など諸式9種類の文例をご案内し、「無料特典」のひとつとして、
当店ですべて無料作成をさせていただいております。
また、旧字体でのご希望、文面の一部変更、オリジナルでの文章の作成なども承っております。
挨拶状についてご不明な点、その他ご希望は、フリーダイヤル・お問い合わせフォームでお気軽に
お問い合わせ、ご相談くださいませ。



※例文につきましては、どちらも七七日忌(49日法要)となっておりますが、
五七日忌(35日法要)にて文面を作成することができます。
ご注文の際に、備考欄にてご指示をください。


香典返し 挨拶状 文例


 1)香典返し挨拶状 定型文

文例 奉書(ほうしょ)タイプ


文例 カードタイプ

香典返し 挨拶状 定型文



●香典返しと挨拶状のこと

四十九日(しじゅうくにち)の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。
一般的には、この七七日忌(しちしちにちき)を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を
中陰(ちゅういん)法要とよび、七七日忌を満中陰(まんちゅういん)ともよんでいます。
具体的にはお寺、ご親族の
都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。

香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、文例の挨拶状を添えて
香典返しのお礼の品物を贈ることをいいます。「忌明け返し」(後返し)とも呼ばれております。

その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状を添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様に文例にあります挨拶状を添えてお返しするのが通例です。

挨拶状の文例のご指定や、挨拶状へのご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。
また、五七日忌(ごしちにちき)や百ケ日(ひゃっかにち)法要などの場合は、いったん七七日忌挨拶状をお選びいただき、買い物かごの備考欄にて、当店にご指定をくださいませ。

あわせて、各宗教に応じ、下記の挨拶状が作成できます。
2) 定型文名入れ
3) 仏式挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
3) 仏式挨拶状戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状 戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
5) キリスト教式挨拶状 五十日祭 
6) 神式挨拶状 五十日祭 
7) 神式(天理教式)挨拶状 五十日祭 

また、一番多い仏式および満中陰の挨拶状につきましては、ご戒名を記入する、ご戒名は記入しない、どちらでも指定のできる挨拶状となります。
こちらの挨拶状は、香典返しの品物と熨斗(のし)の間にはさみ、上から包装をして宅急便にてお送りする形が一般的となります。



香典返し挨拶状文例・定型文名入れ

香典返し 挨拶状 奉書


 2)香典返し 挨拶状 定型文名入れ

定型文に名入れをすることで、仏式の香典返しから、忌明け前のお返し、
無宗教での葬儀などに広くご利用になれます。

奉書タイプ 挨拶状文例

香典返し挨拶状

カードタイプ 挨拶状文例

香典返し挨拶状



1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例文の中の: 父・大和太郎--ご指定いただきます。

四十九日の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとして文例の挨拶状とあわせてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例です。



無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。



香典返し挨拶状文例・仏式戒名あり

香典返し 挨拶状 奉書

香典返し挨拶状仏式戒名あり


香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとしてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


四十九日の法要とは--忌明けのことであり、納骨と合わせて、大事な行事となります。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。


3)香典返し挨拶状 仏式戒名あり(ぶつしきかいみょうあり)

奉書タイプ挨拶状文例

挨拶状 仏式 奉書文例

カードタイプ挨拶状文例

挨拶状 仏式 カード型文例



文章は、以下のようになります。
ご参考までに、テキストとしてあります。



謹 啓
御尊家御一同様には益々御清祥にお過ごしの御事と存じます

先般亡父大和太郎儀永眠に際しましては
御鄭重なるご弔慰ならびに御芳志を賜り
誠に有り難く厚く御礼申し上げます

おかげをもちまして  このほど
  ○○○ ○ ○ ○
七七日忌法要を相営みました

これ偏に皆様のおかげと深謝致す次第でございます
つきましては早速拝趨の上御礼申し上げるのが
本意ではございますが略儀ながら書中を以って御挨拶申し上げます

  敬 具
平成○○年○月
 
大 和 花 子


1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例 : 父・大和太郎--ご指定いただきます。
2.戒名 --ご指定いただきます。PCなどで入力しにくい文字の場合は、FAXでお送りください。
3.法要名称 例 : 七七日忌 満中陰 五十日祭--ご指定いただきます。


無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みくださいませ。




あわせて、各宗教に応じ、下記の挨拶状が作成できます。
1) 定型文挨拶状(七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
2) 定型文名入れ七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
3) 仏式挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
3) 仏式挨拶状戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状 戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
5) キリスト教式挨拶状 五十日祭 
6) 神式挨拶状 五十日祭 
7) 神式(天理教式)挨拶状 五十日祭 

香典返し挨拶状文例・仏式戒名なし

香典返し 挨拶状 奉書

奉書タイプ挨拶状文例文例


 3)香典返し挨拶状 仏式戒名なし(ぶつしきかいみょうなし)

 奉書タイプ文例

挨拶状 仏式 奉書文例

カードタイプ文例

挨拶状 仏式 カード文例



1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例 : 父・大和太郎--ご指定いただきます。
2.法要名称 例 : 七七日忌 満中陰 五十日祭--ご指定いただきます。

四十九日の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとしてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例です。


無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。



香典返し挨拶状文例 満中陰志戒名あり

香典返し 挨拶状 奉書

挨拶状


関西から西日本のほうで忌明けのお香典のお返しのことを「満中陰志」といいます。中陰とは、仏教でいうところの亡くなってから向こうの
世界に行くまでの期間のことを言い、7日ずつの法要を7回執り行い49日経った時が「満」となり、ちょうどこの日に葬儀の御礼とご芳志への御礼、
忌明けの挨拶をあわせて満中陰志としてお返しをします。 関東や九州で呼ぶところの「香典返し」と同じ意味合いとなります。また、仏教での儀礼となりますので、神式などで葬儀を執り行った場合には
満中陰以外の形でのお香典返しがよろしいかと思います。
満中陰志も、昔は、忌明けの御礼をかえて1件1件まわり、口上を述べ、お返しの品をお手渡しするものでした。最近はお返しの形も変わり、満中陰志の挨拶状とのしをあわせて宅急便でお送りするようになっております。


香典返し 挨拶状 奉書


満中陰志の挨拶状は、季節の挨拶から始まり、必ず文末にお品を送った御礼もあわせる文章で、たいへん堅苦しい文章と決まっております。
77日忌は、「満中陰」忌明けとなりますので文中のような表記となります。
こちらは、「戒名あり」の文面の挨拶状が文例となっております。
お名前、ご戒名を正確に記述する必要があるときには、PCの文字変換で表示されない場合がございます。
その際は、お電話もしくはFAXなどでお送りいただければ、旧字のほうでご対応のほうもさせていただいております。


4)香典返し挨拶状 満中陰戒名あり(まんちゅういんかいみょうあり)

奉書タイプ 挨拶状文例

挨拶状 満中陰志 奉書文例


カードタイプ文例

挨拶状 満中陰志 カード文例



1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例 : 父・大和太郎--ご指定いただきます。
2.法要名称 例 : 七七日忌 満中陰 五十日祭--ご指定いただきます。

四十九日の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとしてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例です。


無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。



あわせて、各宗教に応じ、下記の挨拶状が作成できます。
1) 定型文挨拶状(七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
2) 定型文名入れ七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
3) 仏式挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
3) 仏式挨拶状戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状 戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
5) キリスト教式挨拶状 五十日祭 
6) 神式挨拶状 五十日祭 
7) 神式(天理教式)挨拶状 五十日祭 

香典返し挨拶状文例 満中陰志戒名なし

香典返し 挨拶状 奉書



香典返し 挨拶状

こちらは、「戒名なし」の文面の挨拶状が文例となっております。満中陰志とは、関西から西日本のほうで忌明けのお香典の
お返しに使われる挨拶状です。季節の挨拶から始まり、必ず文末にお品を送った御礼もあわせる文章で、たいへん堅苦しい文章と
決まっております。七七日忌は、「満中陰」忌明けとなりますので文中のような表記となります。

お名前を正確に記述する必要があるときには、PCの文字変換で表示されない場合がございます。
その際は、お電話もしくはFAXなどでお送りいただければ、 旧字のほうでご対応のほうもさせていただいております。


4)香典返し挨拶状 満中陰戒名なし(まんちゅういんかいみょうなし)

奉書タイプ挨拶状文例

挨拶状 満中陰志 奉書文例


カードタイプ文例

挨拶状 満中陰志 カード文例



1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例 : 父・大和太郎--ご指定いただきます。
2.法要名称 例 : 七七日忌 満中陰 五十日祭--ご指定いただきます。

四十九日の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとしてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例です。


無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。



香典返し挨拶状文例・キリスト教

香典返し 挨拶状 奉書

香典返し挨拶状


5)香典返し挨拶状 キリスト教式(きりすときょうしき)

奉書タイプ挨拶状文例

挨拶状 キリスト教 奉書文例

カードタイプ文例

挨拶状 キリスト教 カード文例


上記の赤枠について

1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例 : 父・大和太郎--ご指定いただきます。
2.法要名称 例 : 七七日忌 満中陰 五十日祭--ご指定いただきます。

四十九日の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとしてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例です。


無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。



香典返し挨拶状文例・神式

香典返し 挨拶状 奉書

香典返し挨拶状


6)香典返し挨拶状 神式(しんしき)

奉書タイプ挨拶状文例

挨拶状 神式 奉書文例

カードタイプ文例

挨拶状 神式 カード文例


上記の赤枠について

1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例 : 父・大和太郎--ご指定いただきます。
2.法要名称 例 : 七七日忌 満中陰 五十日祭--ご指定いただきます。

四十九日の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとしてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例です。


無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。



あわせて、各宗教に応じ、下記の挨拶状が作成できます。
1) 定型文挨拶状(七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
2) 定型文名入れ七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
3) 仏式挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
3) 仏式挨拶状戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状 戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
5) キリスト教式挨拶状 五十日祭 
6) 神式挨拶状 五十日祭 
7) 神式(天理教式)挨拶状 五十日祭 

香典返し挨拶状文例・天理教

香典返し 挨拶状 奉書

香典返し挨拶状


7)香典返し挨拶状 天理教式(てんりきょうしき)

奉書タイプ挨拶状文例

挨拶状 天理教 奉書文例

カードタイプ文例

挨拶状 天理教 カード文例


上記の赤枠について

1. 喪主様と亡くなられた方の続柄・亡くなられた方のお名前 例 : 父・大和太郎--ご指定いただきます。
2.法要名称 例 : 七七日忌 満中陰 五十日祭--ご指定いただきます。

四十九日の法要とは --- 故人様をお送りして、近親者は忌明けを迎える大切な儀式です。


一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として営まれる法事を中陰法要とよび、七七日忌を満中陰ともよんでいます
具体的にはお寺、親族の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



香典返しと忌明け返し
香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、香典返しとしてお礼の品物を贈ることをいいます。よって、別名「忌明け返し」(後返し)と呼んでいます。


その他のお返し
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返し。
神式の場合、五十日祭のあと挨拶状に添えてお返しを贈ります。
キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例です。


無料特典の挨拶状は、文例のご指定や、ご戒名などの入力は、買い物かごの中でできます。 
「のし・挨拶状の設定」をご覧になるか、そのまま商品の選択にお進みください。



あわせて、各宗教に応じ、下記の挨拶状が作成できます。
1) 定型文挨拶状(七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
2) 定型文名入れ七七日忌、四十九日、忌明け前、無宗教) 
3) 仏式挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
3) 仏式挨拶状戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状 戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
5) キリスト教式挨拶状 五十日祭 
6) 神式挨拶状 五十日祭 
7) 神式(天理教式)挨拶状 五十日祭 

ページトップへ