香典返しの無料特典

香典返しのしの書き方

香典返し挨拶状無料作成 香典返しのし無料 送料無料

新規会員登録無料 香典帳整理サービス 喪中はがき無料作成 最短3日で発送 複数配送先へ送る 選べる決済方法


のしイメージ

香典返しのし書き方について

香典返しにご利用いただける、下記の3種類をご案内いたします。
香典返しのしの書き方については、各ご案内を参考として
いただければと思います。
「のし」は無料サービスとして、御用意いたします。


香典返しにご利用いただける、下記の3種類をご案内いたします。
香典返しの熨斗(のし)の書き方については、各ご案内を参考としていただければと思います。


のし3種類

水引(みずひき)の上部に入れる文字はカートの中でご指定をいただいております。

「志」 (こころざし)
「満中陰志」 (まんちゅういんし)
「粗供養」 (そくよう)
「偲草」 (しのびぐさ)

こちらからお選びいただき、下部に入れる文字は、
買物かごの中で、御指定をください。

またその他、水引の上部に入れる文字、

「忌明志」 (きあけこころざし)
「茶の子」 (ちゃのこ)
「○回忌」 (○かいき)
「御礼」 (おれい)
「初盆」 (はつぼん)
「初盆志」 (はつぼんこころざし)

こちらをご希望の場合には、お手数をおかけいたしますが
カートの中の備考欄に記入しまして、当店にご指示をくださいませ。


※のし紙は、文字は「薄墨」(うすずみ)での印刷となります。


「のし」は、見本画像のお送りをいたしておりません。
見本画像の確認をご希望のお客様は、買い物カゴの中、
備考欄にて「のし見本希望」の旨、お書き添えくださいませ。
メールで見本を連絡ののち、必ずご返信いただきますようお願いいたします。



●黒白結び切り 蓮の花なし

香典返し のしハスなし

仏式以外の葬儀の場合、こちらの「蓮の花」の入っていないのしがよろしいです。
もちろん仏式での葬儀でも、
上書を「志」として、こちらを利用してもまったく問題ありません。

神式やキリスト教式、無宗教などの場合は、ハスの花のないこちらののしを使い、
書き方としては、上書には「志」「偲草」「○○記念式」など記入いたします。

香典返し のし 志 香典返し のし 忌明志 香典返し のし 偲草


●黒白結び切り 蓮の花あり

香典返し のし 蓮の花あり

一般の仏式の葬儀・法要・法事にはこちらののしがよく使われます。
これは蓮の花が、美しい花を咲かせる姿が仏様の慈悲の象徴とされ様々に描かれてることから、
蓮の花の入ったものを使います。蓮のある仏事のしは、関東から北、九州のほうでの一般的なもので、
のしの書き方は、表書きの上書は、「志」が多いです。関東のほうなどは、法事、初盆など仏事全般で
「志」として利用します。
地域によっては「忌明志」「○回忌」「初盆志」「亡○○ ○回忌」などになることもあります。


香典返し のし 志 香典返し のし 忌明志 香典返し のし 三回忌


●黄白結び切り

満中陰志 のし

こちらは、関西圏から中国地方のほうでよく使われます。
「満中陰志」で香典返しの挨拶状を作る場合は、こちらの黄白結び切りを使い、上書を「満中陰志」と
して香典のお返しとします。
また、このほか、地域によってはのしの書き方が「忌明志」となったり、「粗供養」「茶の子」など
地域にあわせた法事・法要や仏事のお返しに利用することもあります。

香典返し 満中陰志 香典返し 粗供養 香典返し のし 忌明志


また、こちらのほか、連名にしたい場合やお名前での場合は、のしの書き方を下記のようにしてご対応することができます。

香典返し のし 連名 香典返し のし 名前
香典返し のし 御礼 香典返し のし 茶の子

のしは、上記の「蓮の花なし」「蓮の花入り」「黄白」3種類ご用意できます。
水引の上部に入れる文字、「志」「満中陰志」「忌明志」「粗供養」「茶の子」「忌明志」「○回忌」
「初盆志」などをお選びいただき、下部に入れる文字は、買物かごカートの中で御指定いただきます。


熨斗は無料サービスとして、御用意いたします。
「のし」は、見本画像のお送りをいたしておりません。
見本画像の確認をご希望のお客様は、買い物カゴの中、
備考欄にて「のし見本希望」の旨、お書き添えくださいませ。
メールで見本を連絡ののち、必ずご返信いただきますようお願いいたします。

※あわせて、慶事としてもご利用をいただけます。
以下より、のしを選択して「上書き」につきましては、備考欄にてご指示をくださいませ。

慶事のし3種類





包装紙は下記3種類からお選び、ご指定をいただけます。
のし包装紙

※あわせて、慶事としてもご利用をいただけます。
以下より、包装紙を選択して「上書き」につきましては、備考欄にてご指示をくださいませ。




ページトップへ