◆夏期休業のお知らせ(8/13~8/16)
 

初盆とは

初盆(新盆)とは?


初盆(新盆)とは


初盆(新盆)

初盆とは故人が亡くなって、四十九日の法要を過ぎてから初めて迎えるお盆のことで新盆(にいぼん)とも言われます。
お盆とはもともと亡くなった人やご先祖様を迎え供養する行事ですが、初盆は故人が死後初めて家に戻ってくる日なので特に盛大に行います。 精霊棚(盆棚)と呼ばれる祭壇を設け様々な供物を捧げ、華やかな盆提灯などで飾り付けをするのが一般的です。

また、初盆では親族以外にも故人と縁の深い人を招いて法要を行い、自宅の仏壇の前で僧侶に読経をしてもらうのが一般的です。
墓地が近ければそのままお墓参りに行くこともありますし、法要が済んだ後に会食を行うこともございます。
このように、初盆はきちんとした供養の式を行うのが特徴です。その為、お供え物や御仏前などにも気を配る必要があります。

二年目以降のお盆の供養は行われますが、法要は行わず規模も控えめになっていくのが一般的です。



初盆の法要では、僧侶を自宅に招いて法要を行うのが一般的です。
初盆を迎えた軒数によっては早めに読経を行う場合もありますので、お寺と連絡をとって、お時間の都合をつけておきましょう。
また、法要の後に会食を行う場合は出席してもらえるのかも尋ねておきます。
それから初盆では親族以外にも故人と縁の深い方を招きます。
葬儀の会葬帳・香典帳なども参考にして、会食を行う場合は出欠の確認もしておきましょう。






初盆のお供え物は線香やろうそく、花が一般的で相場は5千円から1万円となっています。
お線香やろうそくは仏壇にお供えする消耗品として定番ですし、初盆では特に盛大に供養する意味からお花も喜ばれるものです。
お菓子や果物など法要が終わった後に分けられるものも人気ですが、旬の果物や故人の好んでいたものをお供えすることが多くなっています。
ただし、食べ物の場合は日持ちするものを選ぶのが基本で、クッキーやおせんべいなどをはじめ季節感のあるようかんやゼリーなどの水菓子も定番です。
法要後に分けやすいように個包装のものをお供えするようにしましょう。
また、故人がお酒を好んでいたのであればビールやお酒をお供えするのも良いですし、缶詰の詰め合わせなどは、日持ちもよく分けやすい定番の一品です。




初盆のお返しとは、御仏前やお供えなどをいただいた時のお返しの事で、引き出物として準備しておく必要があります。
法事に参列していただいた場合は、引き出物と会食がお返しになりますのでそれ以上のお返しは必要ありません。
また、法事には来られずにお花やお供えなどをいただいた場合はお礼状を添えてお返しを送ることになります。
お返しの品の予算は、いただいた品物や金額の半分から1/3程度が妥当です。
不祝儀のお返しとして送るものなので、初盆でも消えものと言われるお茶やお菓子などの食品や洗剤など、消耗品で後に残らないものを送るのが基本的なマナーとされています。
季節柄そうめんやゼリーなどが選ばれることもあります。
しかし実用品としてのタオルやハンカチなどの他、高額な品物のお返しとして好きなものを選んでもらえるカタログギフトなどを送ることも多くなっています。




初盆のお返しに、掛け紙をご用意いたします。



初盆のお返しを宅急便でお送りする場合、初盆御礼のカードをご用意できます。

初盆 お礼カード①_菊_8月
8月にご発送・お届けのお品物に、ご用意いたします。

 

挨拶状をつけてすぐに発送。
在庫のある商品から選ぶ

初盆(新盆)でのお返し


メーカーから取り寄せ商品。
最大20%OFF商品から選ぶ


香典返しの無料特典


その他無料サービス


香典返しのマナー


カレンダー
  • 今日
  • 受注・お問い合わせ業務のみ
  • 長期休業日

日曜日は、配送業務をお休みとなりますが、ご注文・お問い合わせなどには、対応しております。

なお、夏期、冬期、GWは連続休業をいたします。






当社は認定個人情報保護団体の
対象事業者です。
「大切にします。お客様のプライバシー。」

プライバシーマーク

ページトップへ