台風19号のお見舞いと配送への影響について(10/16)

 

香典返しのマナー

香典返しの時期


はじめてのお香典返しになりますと、香典返しの時期はいつなのか、お香典返しの品物をどうするか、挨拶状をどうするか。あわせて、ご法要の用意やご親戚様への連絡、お寺さんとの打ち合わせ、果ては仏壇から位牌、お墓までと、とても多忙を極めてしまいます。
こちらでは、はじめての香典返しとして、ご法要までの簡単な準備と香典返しの時期や流れをご案内しております。



※以下は、七七日忌の流れとなっております。
五七日忌(35日法要)の場合には、法要まで2週間ほど早まりますので、ご注意が必要です。当店では、五七日忌(35日法要)の挨拶状も無料作成しております。ご注文の際に、ご指定ください。




葬儀後1週間目から4週間目の流れ


毎日の忙しさに追われる日々の中、四十九日の法要の事、香典返しの事もお考えになっていることと思われます。

1;葬儀後、香典帳・芳名帳を整理することからはじめます。


香典袋、香典帳を整理し始めると、これがなかなか手間のかかること に気づかされます。そんな時も私共にご連絡下さい。

おこころざし.com
TEL:0120-566-127
FAX:0120-566-128

香典帳の整理のお手伝いも、させていただきます。
必要に応じて、香典袋を確認し、住所・氏名・電話番号を整理しリストを作ります。その際、香典金額をいれておくと、お返しの予算の目安となります。
※四十九日法要にお招きする方に印をつけておくよいでしょう。

2;香典金額に対するお返しの金額を決めます。


一般的には「半返し」といわれ、一万円のお香典なら、5,000円程度とお考えになればよいですが、香典の他供花、お供物等をいただいていたら、それも合わせてお考えになるのがよいでしょう。
ご不明のことがございましたら私共にご連絡下さい。

※四十九日法要の日時をお寺さんとご相談して決め、お招きする方に伝えます。

※香典返しには、いくつか「決まりごと」があります。例えば挨拶状の体裁のこと、掛け紙の水引のこと等、そんな事も私共にご連絡下さい。

宗教や、地域による違い等もございます、なんなりとご相談下さい。

※四十九日法要の際の返礼品も忘れずに手配しましょう。大体、ご葬儀後一ヶ月ぐらいで手配が済めば、余裕をもって忌明けを迎えられる
ことでしょう。

4週間目から7週間目(四十九日)まで


※四十九日法要を営みますので、ご用意をすすめます。忌明け前の土、日曜日にされることが多いようです。

4;忌明け後に、お返しの品を発送できるよう、用意をいたしましょう。


年賀状のこと。


暮れが近づきますと、年賀欠礼のはがき(喪中はがき)の
用意をすすまねければいけません。11月上旬から、年賀はがきの用意がすすむ12月上旬にはお届けください。
文章の内容は、印刷屋さんの所定文、PCなどで使うはがきソフトなどの所定文を参考にされるといいでしょう。

喪中に年賀状をいただいた時


松の内を過ぎてから、「寒中見舞いはがき」して、年賀欠礼が遅れてしまったことと、近況などをごく簡単に書いて、お知らせしてあげるのが親切なご対応かち思います。


カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 長期休業日

なお、夏期、冬期、GWは連続休業をいたします。





ページトップへ