香典返しのマナー

四十九日 香典返し

49日の香典返しとは

四十九日とは仏教でいう「七七日」のことを言います。亡くなった日から数えての49日目にあたる日となります。
本来、仏式では、ご逝去から四十九日までのあいだに七日間おきの法要を七回行うことから、「七七日」と呼びます。
この法要まで、故人が極楽浄土まで辿り着けるように弔いを続けることが「忌中」の大事な役割となります。
また、この49日を過ぎてからは、無事に故人を向こうの世界までお見送りをしました、という形となり、
これを「忌明け」とよびます。


ご逝去から数えて
・七日目 (7日) → 初七日(しょなのか)
・十四日目 (14日)→ 二七日(ふたなのか)
・二十一日目(21日)→ 三七日(みなのか)
・二十八日目(28日)→ 四七日(よなのか)
・三十五日目(35日)→ 五七日(いつなのか)
・四十二日目(42日)→ 六七日(むなのか)
・四十九日目(49日)→ 七七日(なななのか)


この「七七日」が49日また四十九日と呼ばれ、「忌明け」となります。
本来はこれだけの法要を、とは言いますが、現在では「初七日」をご親戚様も集まる葬儀・告別式のあとに
執り行うことも多くありますし、法要のたびに皆が集まることもできないので、近い親族だけでもしくはお寺さんだけで
ということもあるようになっております。
また、喪主様のご都合や季節などによって、35日を持って「五七日忌法要」として忌明けをすることもあります。
例えば年末の時期は、年を越しての法要ではなく、五七日としての法要にすることで忌明けを済ませます。

この四十九日までのあいだが、墓地とお墓の決定、ご仏壇の手配、ご位牌と開眼供養、ご法要の手配、
お寺さんとの打ち合わせ、ご親戚様への連絡などとても多忙な時間となることとなります。

そして四十九日の「忌明け」を目安として、納骨・法要を行い、香典返しの発送とすることとなります。
昔はすべて口上を述べ手渡しの御礼となっていた香典返しも、いまは宅急便でお送りする形が習わしとなりました。
そして、ご挨拶の代わりに「挨拶状」を必ず添えてお送りします。



こちらが、一般的な仏式戒名ありの挨拶状となります。奉書(巻紙)タイプです。
仏式 挨拶状 戒名あり

こちらが、同じくカードタイプとなります。

仏式 挨拶状 戒名あり

また、49日と同義として、ほか宗教では「五十日祭」と呼ばれております。神式、キリスト教式などがあてはまります。
本来、忌明けとは無縁ではありますが、日本的な「忌」という考えを尊重し、この「五十日」を目安として式を催し、
いったん節目の日とすることなります。



こちらが、一般的な神式の挨拶状となります。奉書(巻紙)タイプです。
神式 挨拶状

こちらが、一般的なキリスト式の挨拶状となります。奉書(巻紙)タイプです。

キリスト式 挨拶状


このように、宅急便でのお送りとなるため、お預かりしたお香典はリスト作成をしておく必要もあります。住所・お名前・
お香典金額・ 電話番号、そして法人からの分、供物を頂いた方、など、こと細かに一覧にすると、お返しの品物を決める
時にとても役に立ちます。
いったん整理ができたら、香典返しの品物を撰んでいきます。おおまかには、お香典の金額に対して品物を撰んでいく
ほうが決まりやすいかと思います。

香典返しでよくつかわれるのは、本来は消耗品がよく選ばれてました。お茶・のり・調味料・タオル・洗剤・寝具などです。
ただし、最近はカタログギフトをお使いになる方も増えております。先様の趣向がわからない、5000円以上の高額の
品物でも寝具以外のもの、季節や趣向に合わせ
先様に自由に撰んでもらえる、という理由のようです。
逆に、選んでいけないものに「生鮮品」があげられます。形の残る陶器類なども遠慮しておくほうが無難と思います。


ページトップへ