香典返しのマナー

香典返しとは

香典返し挨拶状と品物

香典返しとは


そもそも香典とは、故人の冥福を祈り、葬儀の際にご近所の方々やご親戚の方々が霊前に供える金品のことです。
現在では、お香典をもって葬儀を執り行うという相互扶助的な意味合いがつよくなり、いただいた
香典のお礼として、金額の半分程度は香典返しをするというのが慣習となってまいりました。
本来、香典返しとは、このような葬儀の際にお世話になった方々にお伺いし、無事忌明けを済ませた
御礼を述べ、その節はお世話になりました、という御礼の挨拶を述べ、あわせて御礼として香典返しと
しての品をお手渡ししておりました。
時代は変わって、お香典のお返しを宅急便などでお送りするのが主流となった現在では、御礼の挨拶に
かえる御挨拶状を必ず添えてお送りすることで、先様に失礼のない香典返しとなっております。
ただし、香典返しは地域性がとても強いです。地域によりましては葬儀が終わると、通夜返し、香典のお返し、
初七日のお返しなどをすべてお持ち帰りいただく、ということが習わしとなっている地域もあります。
こちらでは、あとから「香典返し」をお渡しすることはありません。ご葬儀の際には、香典のお返しについて
地域での風習をご確認しておくほうがよろしいです。


・香典返しと忌明けのお返し

香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に、挨拶状を添えてお礼の品物を
贈ることをいいます。
神式の50日祭、キリスト教でも、昇天記念日や記念式のあと、同様にお返しするのが通例となります。
忌明け法要の際の、「法要のお持たせ」とは混同させないお返しの品となります。


・その他のお返し

西日本から京都のほうでは「満中陰志」「忌明返し」として、香典のお返しといたします。
葬儀当日に香典の金額に関係なく、一律にお返しするのが、当日返しです。


・香典返しの金額

目安は、「半返し」ですが、香典金額の3割~5割相当の品物を返すことが多いようです。
お付き合いの程度によっても変わりますが、「半返し」を目安にすれば、間違いないでしょう。
実例)2千円、5千円、1万円など段階を決めて香典返しの品を選び、いただいた額の「半返し」に近い物を送ります。






挨拶状を添えることが、必要となります。

香典返しの挨拶状は、「四十九日の法要を滞りなく相営み忌明けいたしました」としてお品物に添えておくります。
奉書に薄墨で書かれた(印刷)ものが、一般的ですが、カードタイプのものもよく見かけます。



大事なお返しの品になります、というご挨拶です。

本来、熨斗(のし)とは、慶事における進物や贈答品に添える飾りのことです。一般的に熨斗紙といわれているのは、かけ紙のことで、贈り物ですという意味の包装紙のことです。

・かけ紙の違い

関東、九州にかけて、仏式では広く「蓮の花」の入った黒白の水引が使われます。西日本方面では、黄白の水引が多く使われます。
表書きは「志」が多く使われています。関西では、四十九日のことを満中陰と呼ぶことから、表書きを「満中陰志」として広く使われます。
神式では、「偲草」、「しのび草」等も使います。
キリスト教では、「昇天記念」(カトリック)、「召天記念」(プロテスタント)なども使われます。



・忌明け

一般的には、この七七日忌を忌明けとして近親者を招き僧侶を迎えて法要を営みます。
亡くなった当日から数えて、七日ごとに初七日、二七日、三七日として七日おきに七回の法要を営み、
7回目、四十九日目の法要を、七七日忌(しちしちにちき)と呼び忌明けとなります。満中陰ともよんでいます。

ただし、七七日忌法要は、お寺の都合を考慮して土、日曜日の本来の日よりも早めに営まれるようです。
納骨式もこのときに行われることが多いです。



・北海道地方
ほとんどの地域が即返しで500円~1,000円程度のお品物を会葬礼状に添えてお渡しする。
近年は、忌明けに高額の香典をお持ちいただいた方に香典返しをすることも増えてきております。

・東北地方
即返しで、1,000円~3,000円程度のお品物をお渡しして忌明けに高額の香典の方に香典返しをすることが多く見られます。

・関東地方
北関東では即返しが多いです。地域によって2,000円~5,000円程度のお返しです。やはり高額の香典には、忌明けに香典返しをするケースもあります。
南関東では忌明け返しが、一般的ですが、会葬者の多い場合は即返しでのお返しも多く見受けられます。

・北陸地方
即返しが多いです。2,000円~3,000円程度のお返しです。やはり高額の香典には、忌明けに香典返しをするケースもあります。

・甲信越地方
即返しが多いです。

・東海・近畿地方
当日には、粗供養(会葬礼品)として500円~1,000円程度のお品物をお渡しして、忌明けに半返し程度のお品物を送るのが、一般的です。
ただ近年は、香典辞退という地域もふえてきています。

・中国・四国
当日には、粗供養(会葬礼品)として500円~1,000円程度のお品物をお渡しして、忌明け返しが、一般的です。

・九州・沖縄
当日には、粗供養(会葬礼品)として500円~1,000円程度のお品物をお渡しして、忌明け返しが、一般的です。即返しとする地域もふえております。


※地方によって、また同じ県内でも風習が異なるので一概には言えませんが、東海地方を境に北は即返し南は後返しが多いようです。



お返しをしない、ということではありません。
たとえば、一家の長、稼ぎ頭が亡くなった場合は、香典返しをしなくてもよいとされています。ただし、その場合でもお礼状を出す等感謝の気持ちを表すことは必要です。
社会福祉団体等に寄付をするという方も最近では、多く見受けられます。その場合も寄付をした旨の言葉を添えてお礼状を出したほうが良いでしょう。



◆埋葬料 葬祭費 受給手続き
健康保険の被保険者本人が亡くなった場合は、「埋葬料」、扶養者が亡くなった場合は「家族埋葬料」が埋葬を行なう人に対して支給されます。勤務先で手続きをしてくれない場合は、全国健康保険協会の都道府県支部に申請手続きを2年以内にする必要があります。

◆遺族年金について
故人様が厚生年金や共済年金に加入していた場合は遺族基礎年金 遺族厚生年金が受給できます。受給条件が様々なので、日本年金機構の年金事務所に相談するのがいいでしょう。

◆生命保険受給について
故人様が生命保険に加入していれば受け取る権利がありますので、保険証書や領収書を調べて手続きしましょう。複数の生命保険会社、郵便局の簡易保険、勤務先等で入っている団体生命保険、経営者や幹部が加入している経営者保険などがあります。
住宅ローンのある方は生命保険付きであるかを確認する必要があります。借入人が亡くなった場合は生命保険で残債が支払われるので金融機関に相談しましょう。
◆医療費の自己負担分
医療費の自己負担分が一定額を超えると「高額療養費の払い戻し」という制度が適用されます。医療費を支払った2~3ヶ月後に「高額療養費の払い戻しのお知らせ」というハガキが届きますので、健康保険なら各都道府県支部、国民健康保険なら役所の国民健康保険課に持参し手続きしましょう。

◆相続と名義変更
遺産相続や名義変更は複雑な面もあり、トラブルを生じかねません。故人様の遺産は預貯金等のプラスのものばかりとは限りません。借金やローンなどの債務も含まれます。法律の知識が必要な場合は、弁護士あるいは公共の法律相談機関に相談されるといいでしょう。

◆葬儀後に名義変更届出が必要なものの一部
新世帯主の届け/市町村役場
預貯金/各金融機関
電気・ガス・水道・NHK/各機関
クレジットカードの脱退届/各カード会社
扶養控除の移動申告/勤務先
雇用保険の資格喪失届/勤務先
不動産(土地・建物)/法務局
株式・債権/証券会社・信託銀行等
借地・借家/地主・家主
営業許可・事業免許の変更届/管轄の諸官庁


香典返しの時期

はじめてのお香典返しになりますと、香典返しの時期はいつなのか、お香典返しの品物をどうするか、
挨拶状をどうするか。あわせて、ご法要の用意やご親戚様への連絡、お寺さんとの打ち合わせ、果ては仏壇から位牌、
お墓までと、とても多忙を極めてしまいます。
こちらでは、はじめての香典返しとして、ご法要までの簡単な準備と香典返しの時期や流れをご案内しております。




葬儀後1週間目から4週間目の流れ


毎日の忙しさに追われる日々の中、四十九日の法要の事、香典返しの事もお考えになっていることと思われます。

1;葬儀後、香典帳・芳名帳を整理することからはじめます。



香典袋、香典帳を整理し始めると、これがなかなか手間のかかること に気づかされます。そんな時も私共にご連絡下さい。

TEL:0120-566-127
FAX:0120-566-128

香典帳の整理のお手伝いも、させていただきます。
必要に応じて、香典袋を確認し、住所・氏名・電話番号を整理しリストを作ります。
その際、香典金額をいれておくと、お返しの予算の目安となります。

※四十九日法要にお招きする方に印をつけておくよいでしょう。

2;香典金額に対するお返しの金額を決めます。



一般的には「半返し」といわれ、一万円のお香典なら、5,000円程度とお考えになればよいですが、香典の他供花、お供物等をいただいていたら、
それも合わせてお考えになるのがよいでしょう。

ご不明のことがございましたら私共にご連絡下さい。

※四十九日法要の日時をお寺さんとご相談して決め、お招きする方に伝えます。

※香典返しには、いくつか「決まりごと」があります。例えば挨拶状の体裁のこと、掛け紙の水引のこと等、そんな事も私共にご連絡下さい。

宗教や、地域による違い等もございます、なんなりとご相談下さい。

※四十九日法要の際の返礼品も忘れずに手配しましょう。
大体、ご葬儀後一ヶ月ぐらいで手配が済めば、余裕をもって忌明けを迎えられる
ことでしょう。

4週間目から7週間目(四十九日)まで


※四十九日法要を営みますので、ご用意をすすめます。
忌明け前の土、日曜日にされることが多いようです。

4;忌明け後に、お返しの品を発送できるよう、用意をいたしましょう。




※年賀状のこと。

暮れが近づきますと、年賀欠礼のはがき(喪中はがき)の
用意をすすまねければいけません。


11月上旬から、年賀はがきの用意がすすむ12月上旬にはお届けください。

文章の内容は、印刷屋さんの所定文、PCなどで使うはがきソフトなどの所定文を参考にされるといいでしょう。

喪中に年賀状をいただいた時


松の内を過ぎてから、「寒中見舞いはがき」して、年賀欠礼が遅れてしまったことと、
近況などをごく簡単に書いて、お知らせしてあげるのが親切なご対応かち思います。

四十九日 香典返し

49日の香典返しとは

四十九日とは仏教でいう「七七日」のことを言います。亡くなった日から数えての49日目にあたる日となります。
本来、仏式では、ご逝去から四十九日までのあいだに七日間おきの法要を七回行うことから、「七七日」と呼びます。
この法要まで、故人が極楽浄土まで辿り着けるように弔いを続けることが「忌中」の大事な役割となります。
また、この49日を過ぎてからは、無事に故人を向こうの世界までお見送りをしました、という形となり、
これを「忌明け」とよびます。


ご逝去から数えて
・七日目 (7日) → 初七日(しょなのか)
・十四日目 (14日)→ 二七日(ふたなのか)
・二十一日目(21日)→ 三七日(みなのか)
・二十八日目(28日)→ 四七日(よなのか)
・三十五日目(35日)→ 五七日(いつなのか)
・四十二日目(42日)→ 六七日(むなのか)
・四十九日目(49日)→ 七七日(なななのか)


この「七七日」が49日また四十九日と呼ばれ、「忌明け」となります。
本来はこれだけの法要を、とは言いますが、現在では「初七日」をご親戚様も集まる葬儀・告別式のあとに
執り行うことも多くありますし、法要のたびに皆が集まることもできないので、近い親族だけでもしくはお寺さんだけで
ということもあるようになっております。
また、喪主様のご都合や季節などによって、35日を持って「五七日忌法要」として忌明けをすることもあります。
例えば年末の時期は、年を越しての法要ではなく、五七日としての法要にすることで忌明けを済ませます。

この四十九日までのあいだが、墓地とお墓の決定、ご仏壇の手配、ご位牌と開眼供養、ご法要の手配、
お寺さんとの打ち合わせ、ご親戚様への連絡などとても多忙な時間となることとなります。

そして四十九日の「忌明け」を目安として、納骨・法要を行い、香典返しの発送とすることとなります。
昔はすべて口上を述べ手渡しの御礼となっていた香典返しも、いまは宅急便でお送りする形が習わしとなりました。
そして、ご挨拶の代わりに「挨拶状」を必ず添えてお送りします。



こちらが、一般的な仏式戒名ありの挨拶状となります。奉書(巻紙)タイプです。
仏式 挨拶状 戒名あり

こちらが、同じくカードタイプとなります。

仏式 挨拶状 戒名あり

また、49日と同義として、ほか宗教では「五十日祭」と呼ばれております。神式、キリスト教式などがあてはまります。
本来、忌明けとは無縁ではありますが、日本的な「忌」という考えを尊重し、この「五十日」を目安として式を催し、
いったん節目の日とすることなります。



こちらが、一般的な神式の挨拶状となります。奉書(巻紙)タイプです。
神式 挨拶状

こちらが、一般的なキリスト式の挨拶状となります。奉書(巻紙)タイプです。

キリスト式 挨拶状


このように、宅急便でのお送りとなるため、お預かりしたお香典はリスト作成をしておく必要もあります。住所・お名前・
お香典金額・ 電話番号、そして法人からの分、供物を頂いた方、など、こと細かに一覧にすると、お返しの品物を決める
時にとても役に立ちます。
いったん整理ができたら、香典返しの品物を撰んでいきます。おおまかには、お香典の金額に対して品物を撰んでいく
ほうが決まりやすいかと思います。

香典返しでよくつかわれるのは、本来は消耗品がよく選ばれてました。お茶・のり・調味料・タオル・洗剤・寝具などです。
ただし、最近はカタログギフトをお使いになる方も増えております。先様の趣向がわからない、5000円以上の高額の
品物でも寝具以外のもの、季節や趣向に合わせ
先様に自由に撰んでもらえる、という理由のようです。
逆に、選んでいけないものに「生鮮品」があげられます。形の残る陶器類なども遠慮しておくほうが無難と思います。


四十九日 香典返し挨拶状


香典返し 挨拶状 奉書


四十九日の香典返しをお送りする際には、必ずご挨拶状を付けるようにするほうがよろしいと思います。
これは、挨拶に回って御礼していたものを挨拶状として手紙にするようにしたものなので、ご芳志への御礼と、
無事に忌明けを済ませたことをご報告するものです。
私どもでは、挨拶状は奉書(巻紙)、カード型の2種類をご用意をして、無料にて作成をさせていただきます。


あわせて、各宗教に応じ、下記の挨拶状が作成できます。
・仏式定型文挨拶状

奉書タイプ 挨拶状文例

香典返し挨拶状

カードタイプ 挨拶状文例

香典返し挨拶状



1)「定型文」 (ていけいぶん)
2) 定型文名入れ
3) 仏式挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
3) 仏式挨拶状戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状 戒名なし 七七日忌(四十九日) 
4) 満中陰挨拶状戒名あり 七七日忌(四十九日) 
5) キリスト教式挨拶状 五十日祭 
6) 神式挨拶状 五十日祭 
7) 神式(天理教式)挨拶状 五十日祭 

また、一番多い仏式の挨拶状につきましては、ご戒名を記入する、ご戒名は記入しない、どちらも選べる挨拶状となります。
こちらの挨拶状は、香典返しの品物と熨斗(のし)の間にはさみ、上から包装をして宅急便にてお送りする形が一般的となります。



満中陰志とは

満中陰志とは

満中陰志とは、関西から西日本のほうで忌明けのお香典のお返しのことをいいます。「中陰」とは、仏教でいうところの
亡くなってから向こうの世界に行くまでの期間のことを言い、7日ずつの法要を7回執り行い49日経った時が「満」となり、ちょうど
この日に葬儀の御礼とご芳志への御礼、忌明けの挨拶をあわせて「満中陰志」としてお返しをします。関東や九州で呼ぶところの
「香典返し」と同じ意味合いとなります。また、仏教での儀礼となりますので、神式などで葬儀を執り行った場合には満中陰以外の
形でのお香典返しがよろしいかと思います。

満中陰志も、本来、忌明けの御礼をかえて1件1件まわり、口上を述べ、お返しの品をお手渡しするものでしたが、昨今は
お返しの形も変わり、満中陰志の挨拶状とのしをあわせて宅急便でお送りするようになっております。
ご葬儀の地域が「満中陰志」か「志」かご存じないようでしたら、お寺さんやご親戚様にご相談をするとすぐにわかると思います。

満中陰志の挨拶状は、こちらのようになります。

こちらが奉書での挨拶状文例となります。 ※文字は薄墨で印刷をします。

満中陰志挨拶状奉書文例


こちらがカード型の挨拶状文例となります。 ※文字は「黒」で印刷をします。

満中陰志挨拶状カード文例

基本、こちらのように、硬い文章で挨拶状を書くことが一般となります。
ご戒名につきましては、入れる入れないは喪主様のご希望でよろしいかと思います。

ページトップへ